太鼓館基礎研究 太鼓台別幕図柄幕配置46

新田太鼓台(金子)

  宝珠龍尻尾 宝珠龍口許 剣龍剣の向き 宝珠 火炎
布団締め 巻き 左向き 金属 金属 金属 金属 赤撚
  向面(北面) 側面(西面) 正面(南面) 側面(東面)
上水引 楠木正成 重層三層御殿(妖狐伝) 斑足王の獅子遊び(妖狐伝) 夫人を狙う獅子(妖狐伝)
高欄幕 仁政殿(4御殿) 複数階段重層御殿(4御殿S) 飛龍 大雄殿(4御殿)
御殿 5枚 禽獣 1枚 人物 2枚

●幕配置は側面に御殿ものを集め、正面と向面に印象的な人物幕を配する独特の配置としており、全体として見どころの多い豪華な感じを醸し出しています。また、唯一の禽獣もの飛龍の使い方が大変効果的です。上水引は三国妖狐伝の続き図柄ですが、「獅子と重層御殿」外されて、楠木正成が加えられています。重層三層御殿と仁政殿の幕同士はリバース図柄のようにさえ見えます。高欄幕では小屋根がアクセントの大雄殿の美しさが光ります。

                                                 (170509新規上梓)
(171230改装上梓)
(191209加筆上梓)

太鼓館巻頭へ 1646 次へ