太鼓館基礎研究 太鼓台別幕図柄幕配置45

庄内太鼓台

  宝珠龍尻尾 宝珠龍口許 剣龍剣の向き 宝珠 火炎
布団締め 巻き 右向き 金属 金属 金属 金属 赤撚
  向面(北面) 側面(西面) 正面(南面) 側面(東面)
上水引 鷲と獅子 夫人を狙う獅子(妖狐伝) 飛龍 華精門と安楽殿
高欄幕 重層単層御殿(金刀比羅宮?) 龍と獅子 重層御殿(金刀比羅宮?) 俵藤太
御殿 4枚 禽獣 3枚 人物 1枚

●幕配置は御殿もの4枚と御殿以外の4枚を千鳥に飾る基本的なものです。人物幕俵藤太が全体を引き締めています。必見は、新居浜が世界に誇る精密技巧「羽ばたく飛龍」です。御殿幕は様々な出典の幕が選定されているようです。高欄幕正面の重層御殿は金刀比羅宮旭社のようです。高欄幕の重層単層御殿は珍しい図柄だと思いますが、これを金刀比羅神社本殿とする説もあります。

                                                 (170507新規上梓)
(171230改装上梓)
(191108加筆上梓)

太鼓館巻頭へ 1645 次へ