太鼓館基礎研究

太鼓台別幕図柄幕配置43

本町太鼓台

 

宝珠龍尻尾

宝珠龍口許

剣龍剣の向き

宝珠

火炎

布団締め

巻き

左向き

金属

金属

金属

金属

赤撚

 

 

向面(北面)

側面(西面)

正面(南面)

側面(東面)

上水引

飛龍

仁政殿

鷲と獅子

重層御殿と塔(東照宮?)

高欄幕

輪蔵殿と鼓楼(東照宮A)

龍頭

陽明門(東照宮A)

龍と獅子

 

御殿

4枚

禽獣

4枚

人物

0枚

●幕構成は、御殿幕4枚と禽獣の幕4枚を千鳥に飾る基本的なタイプです。図柄も基本的なものが見事なまでに揃えられているオーソドックスタイプです。御殿幕は日光東照宮に関するものが多く描かれています。上水引東面の図柄は、一般的には「三仏殿と輪蔵殿」と呼ばれるタイプの御殿幕ですが、額には三仏殿ではなくて「三楽殿」と縫われています。

                                                 170130新規上梓)
171230改装上梓)
190920加筆上梓)
191116加筆上梓)
010802令和上梓)

太鼓館巻頭へ

1643

次へ