太鼓館基礎研究 太鼓台別幕図柄幕配置27

北内太鼓台

  宝珠龍尻尾 宝珠龍口許 剣龍剣の向き 宝珠 火炎
布団締め 巻き 右向き 金属 金属 金属 金属 赤撚
  向面(北面) 側面(西面) 正面(南面) 側面(東面)
上水引 飛龍 重層御殿 鷲と獅子 獅子と重層御殿(妖狐伝)
高欄幕 二重欄干重層御殿 羅城門金札 斑足王の獅子遊び(妖狐伝) 龍頭
御殿 3枚 禽獣 3枚 人物 2枚

●幕構成は、御殿ものと禽獣ものそれに武者絵を程良くちりばめた安定感のある仕上げ方です。禽獣幕のうち羽ものを正面と向面に配して躍動感を強調しています。高欄幕の武者絵は斑足王の獅子遊びと羅城門金札の2枚です。羅城門金札は渡辺綱の鬼退治を題材としたもので新居浜では北内にしか見られません。斑足王の関連幕として「獅子と重層御殿」を有しています。美しい源氏車の符号も新居浜では北内だけです。

                                                 (170313新規上梓)
(171230改装上梓)
(190928加筆上梓)

太鼓館巻頭へ 1627 次へ