太鼓館基礎研究

太鼓台別幕図柄幕配置42

 

 

西原太鼓台

 

 

 

縫い

宝珠龍尻尾

宝珠龍口許

剣龍剣の向き

宝珠

火炎

布団締め

h25

高橋

巻き

左向き

金属

金属

金属

金属

金糸

 

 

縫い

向面(北面)

側面(西面)

正面(南面)

側面(東面)

上水引

h25

高橋

八幡宮(源平盛衰記)

馬と武者B(源平盛衰記)

巴御前(源平盛衰記)

馬と武者A(源平盛衰記)

高欄幕

h25

高橋

龍頭

重層御殿と塔

鳳凰

重層御殿

 

御殿

4枚 

禽獣

4枚

人物

0枚

 

 

●上水引が木曽義仲と巴御前の物語の続き幕となっています。登場人物からして源平盛衰記のようです。高欄幕は正面に禽獣、側面に御殿という選択です。この重層御殿は、質実な絵となっており、禅寺を連想するほどシンプルで、近年流行のものとは一線を画します。

251028新規上梓)
280708推敲上梓)
010821令和上梓)
020613令和再梓)

太鼓館巻頭へ

1542

次へ