太鼓館基礎研究

太鼓台別幕図柄幕配置18

 

 

長野太鼓台

 

 

 

縫い

宝珠龍尻尾

宝珠龍口許

剣龍剣の向き

宝珠

火炎

布団締め

h13

菅原

巻き

右向き

金属

金属

金属

金属

赤撚

 

 

縫い

向面(北面)

側面(西面)

正面(南面)

側面(東面)

上水引

h13

菅原

飛龍

龍・鷲・獅子

華精門と安楽殿

高欄幕

h13

菅原

重層御殿

俵藤太弓持ち

三仏殿

素戔嗚尊大蛇退治

 

御殿

4枚 

禽獣

2枚

人物

2枚

 

 

幕構成は、御殿幕4枚と御殿以外の幕4枚を千鳥に飾る基本的なタイプです。上水引の城を正面から描いた幕や龍・鷲・獅子の3獣を一枚に描いた幕など斬新なデザインが光ります。また、高欄幕の俵藤太は伝統の図柄です。もう一枚の武者の素戔嗚尊は衣装の青糸が色鮮やかで見とれて惚れます。

 

170126新規上梓)
171230改装上梓)
190918加筆上梓)
020606令和再梓)

 

太鼓館巻頭へ

1518

次へ