太鼓館基礎研究

太鼓台別幕図柄幕配置16

 

 

東浜太鼓台

 

 

 

縫い

宝珠龍尻尾

宝珠龍口許

剣龍剣の向き

宝珠

火炎

布団締め

h21

金鱗

巻き

右向き

金属

金属

金属

金属

赤撚

 

 

縫い

向面(北面)

側面(西面)

正面(南面)

側面(東面)

上水引

h21

金鱗

韓媼(縄張城U)

二匹の豹(縄張城U)

劉淵(縄張城U)

(縄張城U)

高欄幕

h21

金鱗

カンケツ童子(縄張城)

大榛殿(縄張城)

飛龍(縄張城)

理光大門(縄張城)

 

御殿

2枚 

禽獣

3枚

人物

3枚

 

 

●高欄幕は東浜伝統の金龍縄張城で、4枚続きになっています。上水引もオール新登場図柄で、金龍縄張城の物語を展開させた図柄らしいとの噂です。ここでは縄張城U(セカンド)と表示します。幕配置は、人物ものが3枚あり、そのうちの2枚を向面に配していることから、正面よりも華やかな感じがします。禽獣ものがバランス良く配されていて躍動感があります。

 

170108新規上梓)
171224改装上梓)
190910加筆上梓)
020606令和再梓)

 

太鼓館巻頭へ

1516

次へ