太鼓館基礎研究

太鼓台別幕図柄幕配置11

 

 

下郷太鼓台

 

 

 

縫い

宝珠龍尻尾

宝珠龍口許

剣龍剣の向き

宝珠

火炎

布団締め

h11 

金鱗

巻き

右向き

金糸

金糸

金糸

金糸

金糸

 

 

縫い

向面(北面)

側面(西面)

正面(南面)

側面(東面)

上水引

h11 

金鱗

厳島神社社殿(宮島詣)

市杵島姫命(宮島詣)

平知盛(宮島詣)

平清盛(宮島詣)

高欄幕

h11 

金鱗

石清水八幡宮

夫婦獅子

赤間神宮

親子獅子

 

御殿

3枚 

禽獣

2枚

人物

3枚

 

 

●幕構成は、上水引が平清盛宮島詣の4枚続き、高欄幕は獅子もの4枚続きを選択しています。どれもベース構図は残しながらの新図柄に見えます。上水引のベースは本郷などの三韓征伐、高欄幕のベースは松神子などの獅子ものでしょう。全体で8枚続きだという声もありますが、図柄は続いてないと思います。全体として豪華な中に優美さも漂う見ごたえのある幕です。

 

                                                 161217新規上梓)
171224改装上梓)
190904加筆上梓)
020603令和再梓)

 

太鼓館巻頭へ

1511

次へ