太鼓館基礎研究

太鼓台別幕図柄幕配置2

 

松乃木太鼓台

 

 

縫い

宝珠龍尻尾

宝珠龍口許

剣龍剣の向き

宝珠

火炎

布団締め

s46 

梶内

跳ね

 

左向き 

金属 

金属

金属

金属

赤撚

 

 

縫い

向面(北面)

側面(西面)

正面(南面)

側面(東面)

上水引

s46  

梶内

龍頭

複数階段重層御殿

鷲と獅子

カンケツ童子(縄張城)

高欄幕

s35  

梶内

弁財天(日招き)

背に夕陽(日招き)

平清盛女官(日招き)

厳島神社(日招き)

 

御殿

2枚 

禽獣

3枚

人物

3枚

 

●上水引には「金龍縄張城よりカンケツ童子」の幕を有しています。高欄幕は平清盛日招きの物語4枚揃いです。物語幕の中でも最強と噂されるこの2つの物語が同時に楽しめるこの太鼓台は、見る者の心を俄然ワクワクさせてくれます。中でも、高欄幕側面の「龍背に夕陽」の幕は、一目見ただけで現世から物語ワールドに私たちを誘ってくれる魔法の幕です。また、見る面によって様々の見え方が楽しめるように配置位置が上手に工夫されています。上水引4枚のうち「鷲と獅子」を除く3枚が金龍縄張城の物語3枚続きではないかとの説もありますが、龍と飛龍の違い、御殿の形の違いから金龍縄張城の物語との関連性は薄いと判断して、ここではカンケツ童子の単独幕としました。

                                                 170919新規上梓)
171224改装上梓)
190806加筆上梓)
010820令和再梓)

 

太鼓館巻頭へ

1502

次へ