太鼓館 西園寺穂純
プライベートルーム

西園寺穂純の新居浜太鼓祭り回想録(36)

 

平成2916()17()18() 松山C再

●今年は愛媛国体の年です。「笑顔(えがお)つなぐえひめ国体・えひめ大会」のうち、えひめ国体(第72回国民体育大会)の総合開会式オープニングセレモニーが9月30日(土)、松山市上野町の愛媛県総合運動公園陸上競技場(ニンジニアスタジアム)において、今上天皇(後に明仁上皇陛下)皇后(後に美智子上皇后陛下)両陛下御臨席の下、華やかに開催されました。西園寺穂純はこのセレモニーの入場券の抽選に当選したので見てきました。バックスタンドでしたが良く見えました。この晴れの舞台で、水樹奈々さまが歌唱し、楠崎金栄両太鼓台も演技しました。これにより、水樹奈々は天覧歌手の栄誉を、両太鼓台は天覧太鼓の栄誉を手にしました。奇しくも青と赤、はっきりした色目の太鼓台同士の共演でした。

(大橋の絵炬火の上にある御席に両陛下御着座、向かって右に金栄太鼓台、向かって左に楠崎太鼓台)

(両陛下の真ん前の緑色のステージに水樹奈々さま正対しています)

(水樹奈々は「エターナルブレイズ」を歌唱し、演者も観客も太鼓台もオレンジのタオルを振って盛り上がる)

●天皇陛下と太鼓台と水樹奈々、この世の有難いもの3者が一堂に会した開会式セレモニーに観客として出席出来た幸せは、60有余年の西園寺穂純人生の最も幸福感を感じた一瞬でありました。この日は物凄く良い天気でした。

今年は、澤津太鼓台と山端太鼓台の新調年でした。10月8日(日)、私は澤津太鼓台のお披露目式を高津公民館に見学に行きました。先代澤津とは雰囲気がまるで別の太鼓台になっていました。幕図柄はお馴染みのものでした。午後の運行では清水町の新居浜漁港まで運行し大江太鼓台関係者と交流しました。この日も大変良い天気でした。

今年は新居浜市制施行80周年でもあります。例年の3日間祭礼はそのまま存在し、別に15日(日)にエキストラ運行をするそうです。新居浜駅前で川東・川西・大生院の各地区の太鼓台が演技しました。実質4日間祭りとなりましたが気の毒なほどの止まない雨でした。

本祭礼初日、2日目も雨また雨で、会場はさながらビニール合羽の品評会の様相を呈しておりました。

最終日、雨の止み間をぬって午前中川西は海岸通りで中須賀大江、午後川東では八旛西で浮島白浜の喧嘩が発生してしまいました。

2017

15()

16()

17()

18()

9

🌥

12

🌥

15

(天気表出典goo松山の過去の天気)

 

 (010910新規上梓)

太鼓館巻頭へ

1158

次「平成30年」へ