太鼓館 西園寺穂純
プライベートルーム
西園寺穂純の新居浜太鼓祭り回想録(28b)

平成18年 16(月)17(火)18(水)

●私にとりましては、今年の祭りは喪中でした。最終日の八旛さんは、日程上すべてが神事みたいなものですから、はじめから不参加と心に決めていました。会社でこっそりネット中継を見たり、知り合いからの祭り電話報告を受けたりしていました。平和な閉幕を予想していたところに驚き速報が飛び込んできました。

●町太鼓台が、午後の統一行動をキャンセルすべく、八旛神社に前参りした後、田の上は榎之本広場に猪突の如く猛進し、自主解体を決めていた田の上太鼓台と戦闘状態に入ってしまったとのことです。

●ネット中継では、平和な雰囲気の一宮神社境内の画像が、何かをきっかけに一転し緊急事態発生の模様、江口太鼓台が突然、除車のまま宮を出てどこかへ行ってしまいました。

●後日、ビデオで、町は田の上と激しいケンカを展開したこと、前日の多喜浜駅前統一行動で厳しい挑発行為があったこと、江口は久保田自治会館前まで運行したことを知りました。

●新居浜署は、町太鼓台関係者5名を逮捕しました。容疑は暴力行為等処罰に関する法律違反のようです。そして、新居浜署は、町地区と田の上地区の両太鼓台同士の小競り合いによる鉢合わせで、他人の器物を損壊した両関係者合計10名を同容疑で、また、事前に道路使用許可を受けていたコースを無視して運行した江口太鼓台関係者5名を道路交通法違反容疑で、それぞれ11月24日、松山地方検察庁西条支部に書類送検しました。

●東浜太鼓台が、初日だけ青白縞の天幕で登場したとの噂があります。新居浜でのセカンド天幕初登場です。また、法被の裾模様も変更されており、一般にいうところの石橋(東浜太鼓台では護良親王の別姿としている。)をあしらったデザインになっていました。

●八旛神社宮入りは規模が縮小され、本殿廻り無しだったそうです。いくら何でもこれはいただけません。本氏子だけでも回らせて欲しかったと思います。

(181124  単発上梓)
(181228書き直し上梓)

太鼓館巻頭へ 1148b 終わり