太鼓館 西園寺穂純
プライベートルーム
西園寺穂純の新居浜太鼓祭り回想録(28)

平成18年 16(月)17(火)18(水)

●私、今年の祭りは喪中であります。喪中での祭りとの関わり合い方については様々な手法を考えましたが、考えがまとまらないまま本番に突入してしまいました。

●初日の八旛神社統一氏参りですが、去年は到着が遅れたために途中からしか見られませんでした。今年は失敗しないように早々に出かけますと、午前7時半ごろには川東に入りました。早くも西沢津バス停近くの三叉路に東雲太鼓台の姿が見えました。更に東を眺むれば、たまもタクシー交差点には澤津太鼓台が居るようです。今年はここからと、近くに車を置いて八旛さんまで歩いて行くことにしました。

●澤津太鼓台は交差点を北進し、松の木町方面に進みます。松の木自治会館から出てきたばかりの松乃木太鼓台と早速の棒合わせです。松乃木太鼓台は天幕の旭日部分が去年と比べて小さくなったよな気がしましたが断言はできません。2台でたまも交差点にとって返し、待っていた東雲太鼓台と合わせます。

●下原交差点は例年ならば宇高が出てくるところ、今年は自粛のためその姿はありません。3台は八旛西まで進行しましたがまだ8時くらい、少し進行が早いようです。

●八旛さん横の浮島自治会館に浮島太鼓台の姿は見えません。きっと垣生組と連れ運行をしているのでしょう。じっとして居られないので、垣生元えびすセンター前まで行ってみることにしました。何か心の中は最終日昼下がりの雰囲気です。法泉寺方面から青い法被の町太鼓台を先頭に4台並んでこちらへ運行中でした。今年も会えたよ町太鼓台、感激です。太鼓台群は北折して神社を目指します。

●高津組も八旛を超えて東までお出迎えのご様子です。先頭は澤津、次が松乃木で最後が東雲です。町と澤津が出会って早速交わります。幸せの棒合わせ、私はこの一瞬が大好きです。今年も生きてて良かったと思います。

●宮入りは垣生組からです。旧県道で役員が何やらヒソヒソ話をしています。本郷と澤津が参道を挟んで東西に対峙したかと思うと、お互いの旗が縦に振られてました。何と本郷と澤津の棒合わせが目の前で展開されてます。お互いを尊敬しつつも頑なまでに意地を張り続けてきた(ように思えた)両太鼓台でしたが、ついに今年は棒合わせです。第一撃はどちらも少し表情が硬かったですが、それでいて棒先はしっかり普段より下向けでした。今年は最初から良いものばかり見せてもらっている。実に嬉しい。

●宮入り後も棒合わせ大会は続きます。境内東に陣をとった本郷が高津の各太鼓台と合わせます。本郷が終われば山端の出番です。澤津と合わせて、松乃木と合わせました。さてその次は、注目の山端と東雲が対面しています。八旛神社の全ての目が指揮者の旗先に注がれます。構える指揮者、腕、肩、腰、足に力が入るのが分かります。暫く時が止まりましたが、ここはスルーでした。今年は平和運行かなと思いました。

●7台が本殿前に並んで氏参り神事が始まりました。私は、せめてもの喪中のけじめとして、神事中は本殿に背を向けていました。

●帰り路、文化センター付近で新営の口屋太鼓台に遭遇接近しました。遠くからしか見えませんでしたが、天幕模様が緩やかな曲線を描いていて斬新です。重旗が日の丸で白い感じ、括りの巻き布も幕の貫きも指揮者の手旗まで白です。幕は縫いの凹凸がはっきりしないような印象を受けましたが、果たしてこの幕の実力や如何に。

(181111  単発上梓)
(181112 第二弾追加)
(181214書き直し上梓)

太鼓館巻頭へ 1148 続く