太鼓館 西正寺穂純
プライベートルーム
新居浜太鼓祭り回想録(24)

平成15年春 5月3日(土)

●今年も子供太鼓台を見に行こうと思います。午後1時半に各地で統一行動が始まるので、今年は何処にしようかと悩みましたが、まだ写真を撮ったことのない上部地区にしようと思い、去年見損なった喜光地地区にしようと心に決めていました。

●時間を潰して広瀬公園の方から去年見かけた喜光地のスーパーを目指します。午後1時25分くらいにスーパーに着きましたが、そこには人っ子ひとりは居るのですが、子供太鼓台は見当たりません。さて、どうしたものでしょうか。今年は統一行動場所を変更したのでしょう。う〜ん、とても残念ですが居ないものはどうしようもありません。気を取り直して、旧国道を中萩方面に進めます。

●中萩小学校からは太鼓の音が聞こえてきます。やれやれ良かった。しかしこちらも様子が変です。どうも少し寂しいと思っていたら子供太鼓台は5台しか来ていません。中萩校区には、土橋・本郷・西之端・上原・萩生東・治良丸・旦の上・岸之下の8台の子供太鼓台があるのですが、本郷・萩生東・旦の上と3台も欠場とはこちらも残念極まりないです。子供どうしが校内でケンカでもしたのでしょうか。欠場の理由が想像できません。

●5台の太鼓台はじっくり見せていただきました。私にとっては治良丸と西之端が初見ですが、治良丸の御殿幕の額とか西之端の武者絵に興味深いものがありました。

●その後、川東の統一行動を覗きに行きましたら、こちらはスーパーの駐車場で演技中でした。全12台が出場しており、2台ずつの演技ではども太鼓台も棒端合わせを披露していました。大人太鼓台を保有しない同士の松の木と郷の2台演技でも棒合わせをしていて大人が嬉しそうでした。

●平成6年に見たときと大きく違っていたのは、楠崎の房が白色に変わっていたことでしょう。他に何台かの太鼓台が法被を新調していました。

                                   (150504 上梓)
                           

太鼓館巻頭へ 1145 次「平成15年秋」へ